虫歯の予防

虫歯の原因となる歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌のかたまりは、磨き残しとお口の中の細菌が混じりあってできます。 そのプラークが、食べカスに含まれる糖分などによって増えていき酸を出して歯の表面のエナメル質を溶かしてしまいます。それが虫歯なのです この状態が初期であれば、唾液の力で修復され元に戻ります。 (↑これを再石灰化といいます) しかし、毎日の食生活の乱れやブラッシング等のお手入れ不足な…

続きを読む

定期検診

歯みがきは、健康維持のためにしなくてはならないことです 食べたり話したりするうえで、歯は重要な役割を果たしています しっかり噛んで食べる。 はっきり発音してしゃべる。 歯は重要な役割をしてます。 一生自分の歯を守るには、毎日の歯みがきはもちろんのこと歯医者さんに行って定期検診がとても大切です 定期検診で虫歯が見つかれば、早ければ早いほど削らなくてすみます。 虫歯、歯周病にならない環…

続きを読む

スポーツドリンクの飲みすぎは注意

これから暖かくなってきて運動する人も増えてくると思います。 みなさんそんな時スポーツドリンクは飲まれますか? スポーツドリンクには体内に不足しているものを補うため、 アミノ酸やカリウムなど様々な成分が含まれています。 でもこのスポーツドリンク、 実は歯にとってはあまりいい飲み物とはいえないのをご存知だったでしょうか? 多くのスポーツドリンクには、たくさんの甘味料(糖質)が…

続きを読む

幼若永久歯

幼若永久歯 生えたばかりの歯は幼若永久歯と言われるように未成熟です。 歯の表面を覆うエナメル質はとてもやわらかく、顕微鏡で見ると軽石の様に デコボコとしています。 ミネラル構造が未成熟でやわらかく、虫歯の原因となるミュータンス菌が つきやすいのです。 生えてから2~3年は完成されておらず、虫歯になったり、ぶつけて折れたり し易い期間となります。 外からフッ素を取り入れ、緻密な結晶…

続きを読む