特に丁寧にみがく部分

歯みがきの時に注意したいのは、みがき残しをつくらないことです とくにプラークがつきやすく、たまりやすいのは、 『歯と歯の間、歯と歯肉の境目、上下の歯がかみ合う部分の溝』 などですが、これらの場所は同時にみがき残しが、生じやすいところでもあります みがき残しがあると、虫歯や歯周病になりやすいので、とくにていねいに時間をかけてみがきましょう その他補綴物(歯が欠けたり、抜いたりした時に…

続きを読む