お口の中の話し

今日は家のペットに協力してもらい、動物のお口の中を見ていきたいと思います まずは、亀です。 亀は歯がなく、顎は角質で覆われています。ご飯をうまく食べられるように、顎が薄く刃物状になっています。 他にも硬い食べ物を噛み砕くことができるようになった種類もいるそうです。 ヘビの口の中も撮ってみました。 ヘビの口は独特で口内にはヤコブソン器官という嗅覚をつかさどる感覚器を持っています。…

続きを読む

使い捨て歯磨き

こんなものを見つけました↓ 「イタリア生まれの新感覚の歯ブラシ。場所を選ばず、歯磨き粉や水がいらない! 更に使い捨て!噛むのではなく、口の中で転がして磨きます。 虫歯や歯周病予防、口臭予防の効果もあります。世界特許も取得してあり、安全性に問題はない。」 (テレビ東京 トレたまより) サイズは↑くらいで、6個入りで¥525-です。 たしかに子供には、うけそうですね。 でも…

続きを読む

口呼吸について

 口呼吸が歯や体の健康に関係があることを知っていますか 口呼吸は、口を閉じる力が弱い事で起こります。そして風邪をひきやすかったり 扁桃腺肥大の経歴の症状が見られるそうです。 最近では大人・子供を問わず多く見受けられるようになりました。 また口呼吸によって口が渇くと唾液の分泌量が減ります。(ドライマウスこうなると、;">口臭・虫歯・歯周病の進行を促進させる原因にもなり…

続きを読む

年をとると味が感じにくくなる?

 年をとると、味を感じる細胞である“味蕾”の数が減少するといわれています。しかし、年齢とともに味覚の機能が低下するといった明確なデータは存在しません。    “味覚障害”は栄養素の欠乏、薬の副作用や腎障害、肝障害、胃腸障害などによって起こります。これらの病気には若い人よりも年配の人のほうがかかりやすいので、味覚に関する訴えが高年齢の人から多く聞かれるのはそのためなのかもしれません。   …

続きを読む