歯ブラシの歴史

現在のような歯ブラシが使われる以前は、歯楊枝とか房楊枝というものがありました。 繊維の多い木の枝の端を咬みつぶしたり、たたいて房状にしたものを使い歯を磨いていました。 日本では宗教的意味合いが強く、仏教伝来と共に僧や貴族が仏前で礼拝する前に歯を磨き身を清めていました。 平安時代には「うがい」の風習があり、鎌倉時代には楊枝の使用が盛んに行われていました。 尚、同時期のイタリアで…

続きを読む

 30年以上経ちました

『8020運動』は1989年(平成元年)より厚生省(当時)と 日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。 20本以上の 歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。 そのため、「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めてこの運動 が始まりました。 楽しく充実した食生活を送り続けるためには、妊産婦を含めて…

続きを読む

かみ合わせで、食事が進み、表情も変化

 とある高校2年生の女子が、食べるのが遅く、母親によくせかされた。友達同士で食事に行けば、食べ終わらない自分を横目にみんなスマホをいじり出す。しゃべると声が、モゴモゴとこもってしまうのも悩みの種だった。  中学1年から口が開けにくくなった。頑張って開けると顎がミシミシ鳴った。そんな時、虫歯治療で近くの歯科医院に行くと、顎関節症と言われた。その歯科医は、奥歯より先に前歯がぶつかるかみ合わせを治療…

続きを読む

電動ブラシについて

ブラッシングの目的は歯面についた汚れを取ることですが、基本的にはその目的が達成できるのであれば、どの様なアプローチでも構いません しかしながら、口の中は狭く、また歯の形状は複雑な為全ての歯、そしてその歯の全ての表面の汚れを取ることは手動で行うのは非常に難しい作業です そこで電動ブラシの使用はとても有効的だと思います ただ一口に電動ブラシと言っても、様々種類があり、特性も変わってきます。大き…

続きを読む

冬を健康に過ごしましょう!

冬は感染症が流行する季節です。 喉や鼻の中にある粘液は、 ウィルスなどの侵入を防ぐ役割があるのをご存知ですか? 感染症を予防するためには、口の中を清潔に保つことも大切です インフルエンザウィルスは、喉や気管の粘膜で増殖します。 唾液は細菌ウィルスを防御し、さらに口腔内の汚れも落としてくれます。傷ついた粘膜も修復する作用もあります。 口の中が不衛生になると、唾液に混…

続きを読む

マウスピースって何で大事なの?

今まさに熱戦を繰り広げているラグビーワールドカップですが、皆さん、先日の 日本VS南アフリカ戦は観ましたか? 南アフリカは、さすが強豪チームでしたが、日本の選手も世界中が注目するほど良いプレーをしていましたよね!! そこで今日はラグビーと歯の関連について取り上げてみようと思います。 ラグビーというスポーツは、タックルやスクラムといった体に強い衝撃がかかることがあり、グッと食いしばって…

続きを読む

台風が来ると急患が増える?

 朝晩が涼しい秋の気配を感じる今日この頃、困ったことに台風もたくさんやってきますね。  台風が近づいてくると、私は(急患がたくさんやってくるかな)、といつも心構えをしてしまいます。  何故なら、台風が最接近する前日あたりから、不思議と「歯が痛い」「歯ぐきが腫れた」と訴える患者が増えるのです。  色々な原因があるのだろうと思いますが、「気圧性歯痛」という現象も有力な原因に挙げられます。 …

続きを読む

いびきについて

突然ですが、就寝時にいびきをかいている人は どのくらいいると思いますか? 自分がかいていたり、家族のいびきを聞いてうんざりしている方も もしかしたらいるのかなと思います! ちなみに日本人で「いびき」をかく人は男性の24%、女性の10%と報告されているそうです。 一体「いびき」の原因は何のでしょうか?! 「いびき」の主な原因は鼻腔から咽頭までの空気の通り道、 「上気…

続きを読む

「頭の位置」で身体のゆがみが

先日、九州在住の友人が、ある歯科医院に虫歯の治療で出かけたら、そこの院長先生が、友人の目の高さ肩の高さの左右の傾きを調べ、口の中を診察し、奥歯でしっかりかめていないと指摘。取り外し可能なマウスピース型の装置を10分程度の装着から始め、6ヶ月でほぼ1日中つけられる所まで慣らし、かみ合わせの改善を進めると、友人は、腰痛と肩こりが改善した。そこの院長によるとかみ合わせで治すのは、「筋肉」。マウスピース…

続きを読む

歯を失う原因とは…

歯を失うものの原因のひとつに 力(パワー)があるとされています!! 奥歯には大人の体重と同じかそれ以上の力がかかっていると言われています 長い間、歯も大きな力が加わっていると 歯の構造自体が傷んで、疲労を起こして、虫歯に罹患した歯や歯髄の神経を取った歯は 勿論の事、健康な歯でも割ってしまうことがあります 咀嚼の時の力は人によって違いますが 硬い食べ物でも弱い力でよく噛めると…

続きを読む

先端技術の普及

先日、矯正歯科のセミナーに久しぶりに参加した。そのセミナーの内容は、近年騒がれはじめた、いわゆるDigital Dentistly(デジタル・デンティストリー)というやつである。歯科用のCTの普及や、口腔内スキャナーの認可が通ったのを期に、近年になっていっそう話題に上ることが多くなった気がする。デジタル・デンティストリーと言うのは、既存の歯科治療の体系をアナログ・デンティストリーだとするものに対…

続きを読む

口腔がんについて

今回は連日報道されていた、口腔がんについてお話しします。 がんと言われると、胃がんや大腸がんなどを思い浮かべる方が多いと思いますが、 口の中にもがんは発症するんです。 舌や粘膜、歯肉などに見られ、その中でも舌がんが圧倒的に多く見られます。 喫煙やアルコールなどが原因として挙げられますが、 他にも歯並びや合わない義歯などにより、 同じ場所が繰り返し傷付くことでがん…

続きを読む

歯医者のみなさまお使いください(笑)

よく結婚式などで云われる格言です。 結婚生活は上顎と下顎のようなものだと・・・ 上顎は頭の骨にがっちりくっついていて動きません まるで家庭でいう、旦那様のようで どっしりかまえて何事も受け止める頼もしい存在です。 下顎は関節でつながっていて、チョコチョコ色んな動きをします。 まるで家庭でいう、奥様のようで 家の中でしなければいけないいろんなこと (炊事・洗濯・掃除・育…

続きを読む

ジルコニアについて!

ジルコニアは人工ダイヤモンドとしても有名ですが、 【強く 軽く 美しく】 そして体に優しいセラミック❗❗ ✨ジルコニア5つの特徴✨ ①強くて丈夫なジルコニアで奥歯でしっかり物を噛める❗ ②金属の約3分の1の軽さ❗❗歯にかかる負担も約3分に1❗❗ ③まるで天然の歯⁉金属では出せない歯の白さ✨✨✨ ④人工関節にも使われるジルコニア‼️金属アレルギーもありません👍 ⑤最…

続きを読む

火葬と歯のお話

さて、今日は生きている人の歯の話ではないことをお話します。 人が亡くなると、日本では火葬の制度がとられているので、 お体を燃やし、その後埋葬します。 人の骨は有機物と無機物で出来ています。 中でも、60~70分かけて焼いた後、 遺骨として残っているは燃えやすい細胞の少ない硬質で太い部分や厚い部分です。 中でも人の歯は、骨を含む硬組織の中で一番硬い物質でできています。 …

続きを読む