虫歯より怖い歯周病

皆さん、こんにちは。 今日のお話は、歯を失う一番の原因、歯周病についてです。 歯周病は虫歯と違い、痛みがないまま進行します。そのため、重症化してから気づくことの多いこわーい疾患です。 朝起きたとき、口の中がネバネバする。ブラッシング時に出血する。口臭が気になる。歯肉がむずがゆい、痛い。歯肉が赤く腫れている。(健康的な歯肉はピンク色で引き締まっている)かたい物が噛みにくい。歯が長くなったよう…

続きを読む

ブラキシズムの怖さ

こんにちは  ♪♪今回は先週の内容にもでてきた【ブラキシズム】について、掘り下げていこうかなと思います。 顎関節症の大きな要因になっている。ということは前回学んだとは思いますが顎関節症の他に、どのようなデメリット、リスクがあるのかをたくさんある中の一つをお知らせします。 それは知覚過敏の原因にもなるということ。知覚過敏というと、冷たいものがしみる!ってイメージが皆さんあると思い…

続きを読む

顎関節症

みなさんは、 あごが開かない!あごが痛い!あごがカクカク鳴る! などの症状はありませんか? これは今急増している顎関節症です! ほとんどは生活習慣の改善などで自然に治る軽症のものですが、 重症になると食事が困難になったり、めまいや痛みで 日常生活に支障をきたすこともあります。 顎関節症の原因はいろんなところにあります。 ①食いしばり、歯ぎしり、歯をカチカチ鳴らすなどの…

続きを読む

欧米人が銀歯にしない理由

・口の中で目立つ ・かぶせものが取れやすい ・歯茎が黒くなることがある ・銀歯の下で虫歯が広がる ・アレルギーを引き起こすことがある 驚かれるかもしれませんが、日本で保険治療に採用されているこれらの合金は、欧米をはじめとした先進諸国では、現在は使用されていません。 敗戦後,日本が貧しかった経済状況下でやむなく、導入された金属なのです。 「総医療費や日本の経済力からみて代用合金の…

続きを読む

歯ぎしりを抑える!マウスピース!!その効果とは!!!

 就寝時の歯ぎしりについて、お悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?  また、家族や恋人から歯ぎしりを指摘されたことはありませんか? 歯ぎしりは寝ている間に無意識に行われているので自分自身では気付きにくいものです。 そんなやっかいな歯ぎしりを抑える方法として使用されているのがマウスピース 今回は、マウスピースを使うことで得られる効果を紹介していきます。 マウスピースの効果につい…

続きを読む

フッ素の新常識

フッ素の新常識 先日受講したセミナーのトピックスです フッ素の研究が進み、永久歯への効果も確認されているようです。 市販の歯磨剤も従来よりフッ素の濃度がかなり高くなって来ています。 ぜひ、参考になさってください フッ素の ①位置づけ       歯磨きの補助剤 ⇒ 積極的な予防剤 ②虫歯予防効果     歯ブラシ>フッ化物配合歯磨剤 ⇒ 歯ブラシ<フッ化物配合歯磨剤 …

続きを読む

知らないともったいない!正しい歯磨きのやり方

毎日歯磨きをしているのに、虫歯になってしまったことはありませんか? 歯磨きのやり方って、いつのまにか身についていて 正しいのか間違いなのかもわからず、自分なりに磨いてしまいますよね。 間違った磨き方をしていると、治療してもすぐに虫歯になってしまいます。 正しい歯磨きをすることが、虫歯予防の1番の近道です まず、持ち方は【えんぴつ】を持つようにすると、余計な力が入らずに磨くことが出来…

続きを読む

ラジオ体操

夏休みが始まりました。朝、ラジオ体操の音楽が聞こえてきています。子供の頃、眠い目をこすって参加した記憶があります。どうして参加しなくちゃいけないの?と思いながらも、毎日カードにハンコを押してもらって、最終日にもらえる参加賞が楽しみだったのも覚えています。ただなんとなく動かして、、という方も多いとはおもいますが、正しい動きをすることでラジオ体操第1、第2と続けて行うと30キロカロリーが消費されるそ…

続きを読む

どうして虫歯の治療は一気にやらないの?

虫歯がたくさん出来ている時、何本も同時に並行して治療をして早く終わらせてほしいと思うことはありませんか?ところが、一気にすることはあまりありません。 これには、いくつかの理由があります。 虫歯の大きさにもよりますが、噛み合せが出来ないほど、虫歯が進行していることがあります。 こうしたときは、被せものを入れて噛めるようにします。 つまり、虫歯の治療とは、噛み合せの回復という側面も持っ…

続きを読む

歯がある人は丈夫で長生きって本当?

1000人以上の高齢者を対象に行った追跡調査の結果があります。 この調査では ① 咬みあわせが安定している ② 咬みあわせが不安定 ③ 咬みあわせが全くない の3グループに高齢者を分け8年間にわたり生存率を調べました。 その結果、咬みあわせが良い人ほど生存率が高く、咬みあわせがない人ほど 生存率が低くなっていました。 入れ歯を使っている人と、入れ歯を使っていない人でも…

続きを読む

口呼吸について

こんにちは〜〜〜〜✨ 最近になって、やっと 梅雨らしい日々になってきました☂ 皆様いかがお過ごしでしょうか⁉️ そして、今日のブログのテーマですが、悩みました(笑)が、 『口呼吸について』お話したいと思います❗️ あまり意識したことがないかもしれませんが、皆様、口呼吸ってしてませんか❓ 私は、子供に多いと思っていましたが、最近は、大人の口呼吸も増えているそうです🌀 ⚫︎…

続きを読む

口内フローラ

腸内フローラと同じように、口中にも細菌の集まりを指す口内フローラというものが存在します。 体の中の細菌は善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3種類に大きく分けられます。日和見菌は状況に応じて善玉菌にも悪玉菌にもなる、という細菌です。 口の中の細菌の種類は約700、数は1000億個以上と言われ、なかでも代表的な悪玉菌は虫歯菌と歯周病菌である事は皆さんよくご存じと思います。これらは糖尿病や動脈硬化など全身…

続きを読む

口の中の金属は高級品?!

6月といえばジューンブライドですね。 今年もこの時期に結婚される方が多いのではないかと思います。 結婚式では結婚指輪の交換がされると思うのですが、この指輪に使われている金属が、実は歯科の治療でも使用されているんです。 保険診療ではパラジウム合金が使用されていて、これはプラチナのアクセサリーの強度を上げるために使用されています。 また保険ではできないですが、指輪の材…

続きを読む

夏は子供のお口がピンチ

とても暑い日が続きもう気分は夏ですね!今回は、楽しい夏を迎える前に、夏を楽しみにしていた病気たちについてのお話です。歯医者さん関係ないんじゃないと思われるかもしれませんが、この病気は主に子供たちに感染し、口の中に症状が出るのです。以下に紹介していきます。 ・手足口病 手足や口内に水疱性発疹が現れるのが特徴です。子どもの場合は熱が出ることもありますが、多くは38度以下の微熱にとどまることがほと…

続きを読む

梅雨と歯痛

暑い5月を過ぎるとそろそろ梅雨の季節がやってきます 患者様の中にはその時期になると、歯の痛みが出やすいと訴える方もいます。 それはなぜなのか? 一概には言えませんが、気圧の変化によるものが原因であると考えられます。 歯の中には歯髄腔という神経や血管の入っている空洞があるため、 気圧の変化により圧力がかかり痛みが出てくる場合があります。 健康な歯であれば通常…

続きを読む